25歳独身男性会社員のタダマン体験談

最近ちょっと溜まっていたので、ただまん出来る方法はないかと良い出会いの場を探していました。
出来る方法はないかと良い出会いの場を探していました。
中でも評判が良かったのがハッピーメールで、女の子との出会いを果たす場所として怪しくない、健全なサイト風の見た目が好印象でした。
もちろん目的はタダマンなのですが、こういったことは最初のうちは目的がバレないように一見爽やか風の草食系男子を演じることにしています。
最初からガッツリな体育会系だと引かれる場合があるので気をつけているんですが、今回も案の定その作戦は大成功で、まんまと女の子が乗ってきました。
その娘は22歳で、俺よりも3歳若い「食べ頃」な雰囲気の娘。

メールでのやり取りからサッカー好きだと分かり、自分も元サッカー部所属なのであっという間に会話が進展して打ち解けられました。
それから実際に出会う約束を取り付けたのですが、これがもう大緊張でした。お互いのプロフィールが正しいものなのか、その時になって少し不安になり、「タダマンできても、もし30過ぎのおばさんが来たらどうしよう・・・」なんて事も考えました。
しかし、やってきたのは想像以上の美女。
例えるなら、長◯まさみ系の高身長のスタイル抜群の女子でした。
ただまんが脳裏にチラつき、ここで少し軽ボッキしてしまったのは男としてはしかたのないことです。
なんとか股間の膨らみがバレないようにサッとデートプランを提示。
その娘も全然気づいていないようで安心でした。
当り障りのないレストランや映画をチョイスし、雰囲気もいいムードにもっていけたのでさりげなくホテルへ。
その娘も来る前からその気だったのか、警戒すること無くそのままホテルへ入って行きました。

久しぶりのただまん。
これは存分に楽しんでやろうとシャワーを一緒に浴びながら、すぐさまその娘の股間の茂みに手を伸ばす俺。
かなりの濡れ具合で、明らかにシャワーのお湯ではありませんでした。
もうそのまま欲情してしまい、シャワー室でそのまま立ちバックからの顔射。
ベッドに入っても勃起の硬度が収まらなくて。
結局4回戦で果てました。
やっぱりタダマンは最高。もう癖になりそうです。

28歳OLの出会い系体験談

私は普段から様々な出会い系サイトを利用していますが、多くのサイトを利用しているにも関わらず、出会いそのものは全くと言っていいほどありません。
と言うより、私自身が出会おうとしません。

やはり、出会い系サイトで女性を求める男性は、基本的に性行為を目的として利用するケースが極めて多く、ほとんどの場合「清いお付き合い」にはほど遠い関係にある事が背景にあるからです。
しかし、それなら出会い系サイトの利用そのものを止めてしまえばいいと思われるでしょうが、現状異性の友人もおらず女性の職場であり、きっかけすらない状況ではそういったサイトにすがるしか無いのです。

しかしある日、送られてきたメールの中で、ひときわ「堅さ」が滲み出ている内容がありました。
少し気になった私は、その男性にアプローチ。駄目元で考えていたので、行動そのものは容易でした。
紆余曲折を経て実際に会ってみたところ、メールの「堅さ」そのままの方がそこに居ました。
その日は本当に食事だけで、1ヶ月2ヶ月と経っても、その方は私の体に触れる事すらしませんでした。

「こういう人も居るんだ」と思った私は、次第に好意を持つようになりましたが、その方は一向に私に触れようとしません。業を煮やした私は、結局自分から抱きつき告白。
つい最近まで「出会い系サイトでは・・・」と思っていた自分は何処に行ったのか、とふと思うこの頃です。

今でもよい交際をさせていただいてます。

恋愛のはじまりはオンライン